文字サイズ変更
大会テーマ

メインテーマ 新たな時代をつむぐPTA

趣 旨

 新型コロナウイルス感染症により、産業革命以降の効率重視で邁進していたグローバル化した世界は、サプライチェーン(供給連鎖)の崩壊などリスクに直面しています。
 また、歴史を振り返ると感染症は、封建社会の崩壊、新たな学問・芸術の誕生、宗教改革、資本主義経済など、人々の考え方や行動様式を劇的に変えるきっかけになってきました。
 世界中に猛威を振るった新型コロナウイルスの拡大により、人々は生命の危機に瀕し、社会経済は甚大な影響を受け、様々なところで変化や分断が起こっています。新しい生活様式の提唱、ICTを活用したテレワーク・テレビ会議など働き方の変化、そして、コロナウイルスの発症による人間関係への影響、いじめや誹謗・中傷などが社会問題となっています。
 一方、物理的な距離はとりつつ、人と人が触れ合うことで心身ともに元気になるのが、社会的生き物としての私たち「人間」ではないでしょうか。人と触れ合い、互いの息づかいが伝わるような関係を築いてこそ、他者を思いやる気持ちも育まれると考えます。
 本県には「人の子も我が子も地域の子」という言葉があるように、子どもを地域で育てるという風土が、現在も残っています。人と人とのゆとりをもった結びつきが強く、地域社会における人と人との豊かなつながりが子どもたちの育ちを支えています。 
 歴史的変革とも言われるこのWithコロナの時代に、これからの社会を創り出し、社会や世界に向き合い関わり合い、自分の人生を切り拓いていく子どもたちを支援する学校・家庭・地域社会のこの新たな「人と人とのつながり」を九州の仲間と共有し、実感できる大会になることを願っております。